【DeNA】横浜高校打線活躍!ブランドンも活躍!楠本弟も活躍!ロッテは星型ロボットの詳細を発表。

最終更新日

Comments: 0

共有

■DeNA 6-3 ロッテ(交流戦・11日・ZOZOマリン)

 

DeNAは11日、敵地ロッテ戦に6-3で勝利し、3連勝を飾った。1点を追う5回に4点を奪って逆転。先発・浜口は6回3失点と粘りの投球を見せると、救援陣が無失点でつないで逃げ切った。

 

DeNAは2回にソト、3回に神里のソロで2点を奪取。浜口が4回に三木に逆転3ランを浴びたが、5回に打線が再逆転。石川の適時二塁打で同点に追いつくと、宮崎の犠飛で勝ち越し。ロペス、乙坂にもタイムリーが飛び出し、一挙4点を奪った。

 

浜口は5、6回と無失点。7回はエスコバー、8回はパットン、9回は山崎とつないで3連勝。浜口は3勝目を挙げた。

ロッテは三木の3ランで一時逆転するも、涌井が5回途中6失点でKOされ4敗目。2連敗を喫した。

 

 

ロッテていうのは結構横DeNA と縁のあるチームですね。

 

今日のDeNA のオーダーは好調ということもあったりして横浜高校OBが名を連ねましたが涌井も横浜高校OB、石川とは同級生。

そして中継ぎで登坂したブランドン。

今日は登板しませんでしたが、防御率的には今季好調なのかな?チェン・グァンユウもいます。

 

横浜高校打線は去年荒波や倉本を等も並べて中日松坂と対峙しましたが、今日のはあの時のようなお遊びではなく石川は中井と使い分けたりして活躍中、乙坂は代打で今季活躍を見せての日曜日の活躍での起用ですからね、今日も石川と乙坂はタイムリーを打ってくれましたし、筒香はチャンスメイクをしてくれました。

 

 

ちょっと話逸れますが、石川の右と左の対戦打率が凄いことになってますね…。中井がいるからあまり対戦機会がないからかもしれませんが

 

左投手 .257
右投手 .143

 

こんなに右投手に対する打率は悪くなかったはずですが、中井の右投手に対する対戦打率が.273、左が.271で実は中井は今年そんなに右投手を不得意にはしていないんですよね。

対戦機会は中井の右投手との対戦機会とそんなに変わらないことを考えると石川は凄い左が苦手なんだなぁと。

 

話を戻して、ブランドンは緩球を使ってしっかり抑えてくれましたね。相手チームとはいえボコボコに炎上しても複雑な気持ちだったので勝っていて落ち着いて見られて良かった。

ちょっと甘いボールもありましたがDeNA にいた頃よりは確実に良かったと思う。あの時は「ただ左で投げてる外国人」という印象が強かったので。

明日はチェン君見たいな。

いつも試合に出てるところを一球速報で見てると失点してるのでするので不安ではありますが。

 

濱口は五回にランナーの荻野を気にしすぎたのか、前の回に打たれたホームランが頭をよぎったのか四球祭りが突如として開催して、点を取った後で嫌な感じでしたが結果的には無失点で切り抜け、その時点で100球を越えていた。

誰もがこの回で交代だと思っていたと思うんですがまさかの6回も登板、ここは全く危なげなく2三振で三者凡退。

これは完全に三浦コーチに任せたんでしょうね。成長、復調してほしいという願いのこもった続投でした。結果的にQSにもなったしあのまま5回で終わるより本人の気持ち的にも良かったんでしょうね。

 

でも今日の球審は中々でした、濱口のボールは明らかにボールとストライクがハッキリしていたので助けられる場面の方が多かった気もしますが、ロッテ側はかなり苦しめられてました。

解説からもかなり苦言を呈していました。

 

 

采配面で特に今日はアレなことはありませんでしたが、一つ疑問があったのは初回の攻撃で神里二塁打の後、ベンチが映ったんです。

そのベンチで青山コーチとラミレス監督がなにか話していたんですがラミレス監督は横に首をふっていました。

次の打者の石川はショートゴロでランナーを進めることも出来ずに凡退。

おそらくバントをするかしないかの話だったんでしょうがその後がクリーンアップであること、2番が石川であることを考えると犠牲フライで1点入るのだからバントしておいた方が良かったと思いますけどね。フォースアウトじゃないし成功率は高い訳ですし、石川は比較的バントが上手いわけですし。

でもラミレス監督は3塁に進めるバントには意味を感じなかったんでしょうね。ああいう細かいプレーの積み重ねで勝ったり負けたりするわけですから丁寧に攻めていってほしかったです。

 

 

こっから試合には関係ない話。

楠本弟が全日本大学選手権で決勝弾を放つ活躍をしました。

 

4年連続34度目出場の東北福祉大(仙台6大学)が1-0で創価大(東京新大学)を退け、連覇へ好発進した。

 

5回裏1死、楠本晃希内野手(3年=花咲徳栄)が右翼ポール際にチーム初安打となる先制本塁打。「夏の甲子園で打った時は二塁を回ってから分かったので、全国の舞台で打った瞬間にガッツポーズしたのは生涯初めて」。直球に絞って内角球を振り抜いた会心の一発に笑顔を見せた。

 

同大OBでDeNAの兄泰史外野手(23)の背中を追う。9日の西武戦でプロ初本塁打を代打逆転満塁弾で飾った兄の偉業を、部屋でテレビ観戦中に他球場の様子を知らせる映像で知った。兄からの刺激も力に「良い場面でチームに貢献する1本を打てればと思いました」。投手陣も今季リーグ戦で防御率0・00の左腕・山野太一(3年=高川学園)が先発し6回2安打無失点。7回からエース右腕・津森宥紀(4年=和歌山東)も1安打無失点。完封リレーで8強進出一番乗りを決めた。

 

 Yahoo!ニュース
東北福祉大が連覇へ1勝 楠本が兄に負けじと決勝...
<全日本大学野球選手権:東北福祉大1-0創価大>◇11日◇第2日◇2回戦◇東京ドーム4年連 - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)

 

プロ入りするんでしょうかね?どういうレベルに位置する選手なのか分かりませんが、楠本兄は6年生の頃に横浜市に転居しているそうですが出身地は大阪。楠本弟は横浜市で過ごした時間が兄よりも長いでしょうから横浜市出身にはならないんですかね。

兄弟でプレーしてるとこが見たいなぁ。

 

 

ロッテは今年の挑発ポスターに登場するロボットの詳細を発表しました。

 

名称は星ロボ(AI搭載)、身長は29メートルで体重は9トン。装甲は超々ジェラルミンで、動力はターボファンエンジン。

 

星ロボは、ロッテが交流戦優勝奪回作戦(通称:V作戦)遂行のため、秘密裏に開発を進めていた12球団最強ロボット「マジワラン」に対抗するロボットとして軽量化し、飛行性能を大幅に高めた新型機。AI搭載型ロボットでパイロットはいなく自動操縦。全ロボット中、最軽量の機体。音速を超えるスピードで体当たりし敵を粉砕する。なおマジワランは亜空間移動が可能との説もある。

 

 Yahoo!ニュース
ロッテ、DeNA戦で登場する星型ロボットの詳細...
ロッテは11日、DeNA戦における交流戦“挑発”ポスターに登場する星型ロボットの詳 - Yahoo!ニュース(サンケイスポーツ)
 
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

横浜DeNAベイスターズランキング

共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする