【DeNA】三上朋也が右肘、古村徹は左肘をクリーニング手術。手術は無事終了。

最終更新日

Comments: 0

共有

5月13日(月)横浜市内の病院にて三上朋也選手が右肘のクリーニング手術、古村徹選手は左肘のクリーニング手術を行い、無事終了したことをご報告いたします。
今後はリハビリに励んでまいりますので、引き続きご声援をよろしくお願いいたします。

 

 

今季は5試合に登板し0勝1敗、防御率2・45。患部に違和感を訴え先月13日に出場選手登録を抹消されていた。チームが最下位に低迷する中、タフネス右腕の離脱は痛い。

古村は11年ドラフト8位で入団も、14年限りで戦力外通告を受けた。昨オフに入団テストを経てBC富山から5年ぶりの古巣に復帰。貴重な中継ぎ左腕として期待されたがここまで1軍登板はなかった。

球団では全治を発表していないが、過去の事例から見て全治は最低でも3、4か月。長期離脱は避けられない。

 

 
突然のニュース…!!

 

でも三上は故障をしていたのには驚きはない。

話は聞かなかったけど、抹消された段階でそうなんだろうなとは思ってた。

 

凄い圧倒的な感じは少し薄れて安定感も最近はなくなってきたけど

毎年きっちり50イニング投げられる中継ぎはそれだけで本当に希少。

 

三上はその役目をずっと果たしてくれていた。

少し休んでもらいたい。

遅かったかもしれないけど。

 

クリーニング手術だから怪我っていう怪我ではなくネズミの除去とかかな?

それなら復帰は早くて8、9月くらいになるのかな。

 

 

古村は…二軍で投げてなかったしニュース記事でそんな話を見たので故障していたことに驚きはないっちゃないけど・・・。

 

本人は悔しいだろうな・・・。

一番結果がほしい選手だろうに・・・。

 

しかしここから這い上がるしかない。

三上に関しても怪我した選手の不在を嘆いていても仕方が無い。

 

応援しましょう!!


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする