【DeNA】ラミレス監督の”独裁”が再び?!愛想を尽かしコーチも退団。筒香にまで不信感が…。

最終更新日

Comments: 0

共有

4連敗中で最下位に沈むDeNA。4月には大型10連敗を喫し、借金は9に膨らんだ。投手陣が絶不調で、チーム防御率3.99、与死球14はリーグ最多。11本塁打のソト、9本塁打の筒香を擁しながら、打線も打率.232、出塁率.301、併殺29、犠飛1、盗塁7はすべてリーグワースト。淡泊な野球の典型だ。

 

就任4年目となるラミレス監督の責任論も再燃。

今やすっかり“独裁監督”。ある球界関係者は言う。

「選手の状態より、データや自身の感覚を優先する采配が、なまじ結果につながったことでエスカレート。采配の意図や起用理由の説明すらしなくなり、選手やコーチとの間に溝ができてしまった。昨季は、筒香が矢面に立って選手側の思いを代弁したものの、それが『筒香が選手の昇降を巡って監督に要望を出している』という噂になってチーム外にも流れ、三原球団代表が選手を集めて否定する事態にもなった。選手と監督の緩衝材役を担っていた光山バッテリーコーチ(現楽天コーチ)も、あまりの独裁ぶりに愛想を尽かして退団しました」

 

負けが込むにつれて、再び没コミュニケーション状態になっているという。

 

今季から指導者として復帰した三浦投手コーチは世間の印象とは少し温度差があるとか。

「現役バリバリのときは後輩の面倒見も良く、頼れる兄貴分的な存在だった。でも、年齢とともに衰えが著しくなり、16年に選手兼任コーチになると、選手と距離を置くようになった。コーチの肩書が付いたからかもしれないが、コーチとしても後進の育成より現役投手としての自分を最優先というところがありましたからね。選手やスタッフの中には、『三浦さんは変わった』と言う人間もいる。指導者1年目ということもあり、選手の信頼を得るには至っていないというのが実情です」(別の関係者)

 

セ・リーグで最も優勝から遠ざかっているDeNA。このままチームが空中分解なら、浮上は見えてこない。

 

記事全文はこちらから

 

 Yahoo!ニュース
DeNAは空中分解寸前…セ最下位低迷を招いた“2人の元...
また定位置に逆戻りか。 4連敗中で最下位に沈むDeNA。4月には大型10連敗を喫 - Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)
 
ゲンダイの記事なので、関係者のコメントや筒香に対する選手の反応は事実ではないこともあるかもしれません。

鵜呑みにするのはNGです。

 

でも三原代表の名前が出るあたり、嘘でもないのかなと思わされるのが怖いところ。

 

実際光山さんに関してはあらゆるところで「喧嘩別れ」「ラミレス監督に愛想を尽かす」みたいな事が書かれてますし

昨年自分勝手な采配をしてたことについては認めてますからね。

これが本当なら全部本当に見えてくるんですよねぇ・・・。

 

(実際には退団の理由について本人からは、チームが結果を残せなかった責任を取る。と説明しています。)

 

三浦コーチに関しては分かんないですね「変わった」という言葉も曖昧過ぎますし。

「選手の信頼を得るには至っていない」と言ってますけど、大貫などは信頼を口に出してますし。

 
この記事全て本当だったら、本当にこのチームはどうなってしまうのだろう。

 

というかこういう記事が出ているのは、本来休養に入る時期を越えてちゃってるからですよね。

休養していたらこんな記事も出ていなかったでしょう。

 

しかし、情報の信憑性は置いといてもメディアもラミレス監督の采配や今後の動きに注力している・・・。

監督叩きのような記事が沢山出るようになって、連日ヤフコメを賑わせている・・・。

 

おそらく記者側は「いつ休養会見を開くんだろう?」という感じなんでしょうか。

 

辞めろ!辞めろ!!とは言わないけども

辞めるならチームが完全に壊れる前にしてほしい。

 

 

壊れたチームを修復することがどれほど大変なことかファンは知っているので。
 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

横浜DeNAベイスターズランキング

共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする